全国の企業のIT支援と標準化を推進するソフトウエア開発のパティオシステムズ株式会社

パティオシステムズ

 工事郎

「CI-NET工事郎」CI-NET規約に準拠した工事郎(こうじろう)建設、商社向け企業間取引システム  販売管理システム


CI-NET規約に準拠した

建設・商社向け企業間取引システム

『CI-NET工事郎』は、一般財団法人 建設業振興基金様のCI-NET規約に準拠したWEBCON-SSLBの通信インフラを利用し、「得意先⇔自社⇔仕入先」間の自社を中心に両方向のEDIを実現する企業間取引システムです。

通常では、CI-NET準拠のシステムは得意先と自社、あるいは自社と仕入先といった片方向の運用となるため、商社業務のように得意先からの受注を仕入先に発注するといった双方向性を必要とする運用においては、二重入力を避けられず、生産性が上がらないケースがあります。
『CI-NET工事郎』では、得意先側、仕入先側の双方向にリレーする形で契約、発注、出来高請求等が可能であり、商社形態の取引業務ソリューションとして、生産性向上に大きく貢献します。

一般財団法人 建設業振興基金 様         ホームページへのリンク


CI-NET工事郎の狙い
自社を中心に置いた得意先及び仕入先の双方向へのEDIは、見積、契約、発注、出来高や請求などの取引業務での二重入力の削減・排除を実現し、生産性向上に大きく貢献します。

CI-NET規約準拠による取引業務のEDI化により、データ精度、正確性、信頼性が向上します。

EDIによる運用の他に、紙ベースでの運用も可能です。
  得意先、仕入先がCI-NETに参加・不参加に合わせた個別運用も可能です。

取引の通信の結果、売上・仕入データの集計が可能です。

※ 『CI-NET工事郎』 の運用には、富士通マーケティングの WEBCON-SSLB にご契約頂く必要があります。
  WEBCON-SSLB とは、インターネットを利用し CI-NET対応のEDIデータを送受信するサービスになります。
富士通マーケティング WEBCON-SSLB  案内ページへのLINKはこちらから

CI-NET工事郎の機能概要
CI-NET工事郎における受発注リレーの概要

自社を中心に、得意先、仕入先の双方向へEDIを実現いたしました!

関連製品
  通常版『工事郎』はこちらからご紹介
工事郎 工事業、屋根工事、壁工事、太陽光パネル、ガス配管工事等に向けた販売管理システム



CI-NET工事郎のご質問、デモや資料送付をご希望のお客様、お問い合わせ下さい!



機器環境
サーバー:Windows2008Server以降  クライアント:Windows7以降 推奨

サポート
保守はリモート接続で対応。迅速なサービスを提供しています。
※製品の仕様と本ページ上に記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。また、記載された製品名は各社の商標または登録商標です。



Copyright© パティオシステムズ株式会社 All Rights Reserved.