全国の企業のIT支援と標準化を推進するソフトウエア開発のパティオシステムズ株式会社

パティオシステムズ

「Force Ware」 フォースウェアはパティオシステムズ開発のグループウェア

「Force Ware」 フォースウェアはパティオシステムズ開発のグループウェアです。商談管理機能を追加し、営業力を強力PUSHします。

営業部門を支援・強化する為の グループウェア をご存知ですか?

【 Force Ware 適応 : 営業部門 】

今やビジネスシーンにおいてグループウェアの運用は 非常にメジャー化していますが
『Force Ware』 のポイントは 「営業部門活性・強化」を目的とし売上貢献力を追求した 営業支援型グループウェアである事。
リアルタイム且つ 的確な「営業情報・売上実績」を掴み社内共有。いつでも状況把握を可能とします。
導入企業様の営業力を底上げし、効果的な経営のサポート運用をご提供します。





例えば貴社に10人の営業マンが居るとします。各自が20案件を所有していると全体数200案件となり、これら全ての把握は通常では困難です。把握出来ず逃してしまう案件こそ、売上のチャンスを逃すという事です。
一般的に案件は営業マンの個別管理である為、統括管理は各営業マンの報告より後工程になり、リアルタイムでの案件情報共有も困難となります。
Force Ware』はこのようなジレンマの解消と、情報共有の重要性、リアルタイムの情報共有をコンセプトに、営業部門活性化の目的で、多くのグループウエアを検証した結果、目的に合致したツールが存在しないため開発いたしました。


貴社の営業活動状況に このような悩みは ありませんか?

  
営業部門の活動状況、見えない部分が多い!?

   営業マンの日々の活動報告、商談などの報・連・相がきちんと上司へ出来ていない。
  
各自の活動状況、活動進捗、所有している商談の情報が、営業会議 / 報告まで分からない。
  
各自判断の不要な値引き、回収不能に陥っていないか等、問題が事前につかめない。
  
思うように営業マンが育たない、育てられない。


『Force Ware』 導入で営業改善を開始

  
貴社の 営業部門 を 徹底的に 見える化 推進

  
営業情報共有化 ⇒ 商談案件(現場、物件ごとの)情報を一元管理。仕事の獲得に高い効果を発揮。
  
営業管理効率化 ⇒ 各営業マンの業務状況を一元管理。日報とも連動し、上長は的確な指示が可能。
  
営業業務明確化 ⇒ 営業が個別に管理しているスケジュール、新規物件、商談情報等を一元管理。

経営者様の悩み、不満に効果を発揮

  
まさに
営業部門強化 の為の グループウェア

  
商談進捗に合わせた適切なタイミングで、各営業マンへ業務指示可能  仕事の 獲得率向上に 効果。
  
各営業マンの正しい数字、営業活動を常に把握する仕組みを構築します  上長の判断・指示効率向上に 効果。
  
営業会議では、常に精度の高い最新の情報をフィードできます  的確な経営判断 が行える環境構築に 効果。
   会議で使用する資料も、Force Ware があればエクセルで作成する必要はありません



グループウェアの活用で営業部門を一元管理可能です。


Force Wareは、
経営判断に重要な売上見込みの把握に圧倒的効果を発揮。
経営者様が求める
「儲かる会社運営」に直結するシステムです。



Force Ware 運用 最大の狙い

 
顧客アプローチ段階からの商談進捗を「見える化」 営業情報の共有/把握を容易にし、速度ある対応を推進。
 経営に有用な情報を短期間に蓄積 先の商談受注予測など見通をいち早く把握し、経営判断の速度を向上。
 営業活動のデータ化 営業戦略の検証、改善ポイント洗い出し、今後の活動検討に活用し、営業力強化を推進。


Force Ware 概要


ポイント
通常のグループウェアとの大きな違いは「営業支援機能」へ「グループウェア機能」を連携 している点
充実した多機能ラインナップでありながら、利便性が高いシステムツールです。


   営業マンの業務全般をサポート。「行動アラーム機能」により、行動遅延の無い営業活動を推進します。
   朝一番機能」で、タイムリーな業務指示確認を行い、取りこぼしの無い営業活動を推進します。
   商談状況の正確な把握・分析が可能です。営業会議を「今すぐ」始め、スピードのある業務を推進します。

営業活動を管理
商談情報を管理
・担当者別/部署別/案件別の予測が可能。売れる理由、売れない理由を分析しデータ化します。

・商談進捗履歴、商談情報、営業日報機能は、継続使用する事で効果を発揮します。

商談進捗を管理
受注見込の予測
・アプローチから回収までを多段階で進捗管理します。進捗状況をリアルタイムで確認可能です。

・各案件、物件ごと個別の受注予想、売上予想が行えます。


カスタマイズ対応
システムの連携
・企業様ごとの業務に合わせ、『Force Ware』のカスタマイズ対応が可能です。 
[オプション]


・連携による同時運用は、より正確な状況把握を実現します。電二郎建太郎Project Force E-Office とは標準機能でシステム連携しており、集計した実績を毎日自動更新し、営業活動の「実績予定」を、「最新の売上実績」と比較する事が可能となります。 

Force Ware 主な機能一覧
【 主な項目 一覧 】
朝一番 商談登録 受注見込 売上予定 回収予定

【 主な機能 / 帳票 】
上司からの指示 対応漏れ対策 販売計画展開 件名台帳
ランク別集計 受注見込推移 予定超過の警告 月次予定推移
顧客別予定表 回収予定推移 回収遅延の警告 件名別予定表





Force Ware のご質問、デモや資料送付をご希望のお客様、詳しくはお問い合わせ下さい



機器環境 : Windows 環境   サポート : 保守はリモート接続対応。迅速なサービスを提供しています。
※製品の仕様と本ページ上に記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。また、記載された製品名は各社の商標または登録商標です。



Copyright© パティオシステムズ株式会社 All Rights Reserved.